ネッツトヨタ横浜ロゴ

神奈川景勝50選 鎌倉・湘南エリア

神奈川景勝50選 鎌倉・湘南エリア

神奈川屈指の観光地、鎌倉・湘南エリア。海が近く開放的な気分になれる鎌倉・湘南には、一度は訪れておきたい魅力的な絶景スポットがたくさん。今回は、神奈川景勝50選 鎌倉・湘南エリアをご紹介していきたいと思います。

稲村ヶ崎(鎌倉市)

稲村ヶ崎は、由比ヶ浜と七里ヶ浜の間にある岬。稲村ヶ崎の海岸線に面している鎌倉海浜公園には展望台があり、眼前の七里ヶ浜と江の島、天気のいい日には富士山も綺麗に見ることができます。稲村ヶ崎は散策にもぴったりで、サーフィンやバーベキューを楽しむ人の姿も多く見られます。ドライブはもちろん、駅からもアクセスが良く、家族で気軽に訪れることができます。

江の島稚児ケ淵(藤沢市)

《写真参照元:藤沢市観光公式ホームページより》

稚児ケ淵は、波による侵食でできた江の島最西端にある台地で、「稚児ヶ淵」の名称は、鎌倉相承院の稚児白菊がこの淵に投身したことに由来しています。磯釣りの穴場としても人気のスポットで、岩の割れ目には小さな貝やエビが泳いでおり、子どもも楽しめます。広大な相模湾の向こうに見える富士山が見事で、海に沈む夕日はまさに絶景です。

鎌倉十王岩の展望(鎌倉市)

《写真参照元:鎌倉市観光課Twitterより》

鎌倉・鶴岡八幡宮の真北に位置する十王岩は、鎌倉のパワースポットの一つ。岩の中央部分に3体の風化した仏像が掘られています。別名「喚き大王」と呼ばれ、山に吹き上げる風の音が泣き声のように山麓に響いていたことからこう呼ばれたのだそう。十王岩の近くにある展望台からは鎌倉の街並みと由比ヶ浜を見下ろすことができ、ハイキングスポットにもなっています。

光明寺裏山の展望(鎌倉市)

《写真参照元:浄土宗大本山光明寺Twitterより》

浄土宗大本山光明寺は、湘南地域を代表する大寺院。大殿(本堂)は鎌倉の木造古建築では最大の建築物で、国指定の重要文化財となっています。光明寺の裏にある坂を登ると展望があり、ここからは由比ヶ浜の海をはじめ稲村ヶ崎や江の島、富士山が一望できます。厳かな寺の雰囲気を感じながら景色を見渡してみてください。

湘南平と高麗山(平塚市)

《写真参照元:平塚市HPより》

湘南平を含む高麗山公園は、平塚市と大磯町にまたがる風致公園。テレビ展望塔と高麗山公園レストハウス展望台があり、360度のパノラマを楽しむことができます。山の中腹には子どもが遊べる公園もあり、家族でのお出かけ「かながわの景勝50選」のほかに「かながわの公園50選」「夜景100選」など数多くの指定を受けている絶景スポットです。

関連記事

PRIUS C-HR TOYOTAの世界戦略SUV ネッツトヨタ横浜リクルートサイト2020