ネッツトヨタ横浜ロゴ

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集

5月10日からの1週間はバードウィーク。新緑の爽やかなこの時期は、お散歩も楽しみながら家族でバードウォッチングに出かけでみませんか?今回は、神奈川県内のバードウォッチングができるスポットをご紹介していきます。

横浜自然観察の森(横浜市栄区)

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集 横浜自然観察の森 《写真参照元:横浜自然観察の森HPより》

横浜自然観察の森は横浜市の南端、鎌倉市との境にあり、カワセミをはじめフクロウ、カワセミ、ウグイスなど様々な野鳥の観察を楽しむことができます。「日本野鳥の会」のレンジャーが常駐する自然観察センターでは、いきものの展示や自然体験などのイベントも開催。季節ごとの自然の美しさや動植物の表情を楽しく学びましょう!

多摩川河口(川崎市川崎区)

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集 多摩川河口 《写真参照元:野鳥情報.comより》

多摩川河口付近の神奈川県側には大師橋から河口まで続く歩道・サイクリングロードがあります。多摩川にやってくる水鳥はもちろんのこと、干潟ではシギチドリ、ヨシ原ではオオヨシキリやオオジュリンなどの小鳥類など一年を通して多くの野鳥を観察できる探鳥地となっています。この時期は自転車での散策も最適です。

照ヶ崎海岸(大磯町)

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集 照ヶ崎海岸

海水を飲むという変わった習性で知られるアオバトの群れを観察できるスポット。「アオバトの集団飛来地」として県の天然記念物にも指定されています。照ケ崎の磯を一望できる大磯港の堤防の上はアオバトの展望スペースとなっており、広大な海を眺めながらバードウォッチングを楽しめます。

長浜公園(横浜市金沢区)

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集 長浜公園

野鳥観察園には汽水池、干潟、淡水池と4つの観察小屋があり、アオサギやメジロ、サギ、カモの仲間など様々な野鳥が飛来します。蝶やトンボなどの虫も多数見られ、バードウォッチングだけでなくゆっくりと自然観察もできます。園内には遊具も充実しており、親子連れで楽しめるスポットです。

神奈川県立相模三川公園(海老名市)

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集 相模三川公園 《写真参照元:神奈川県立相模三川公園HPより》

公園の西側には相模川の豊かな自然が広がり、セッカ・オオヨシキリ・コアジサシ・ツバメ類など四季を通じていろいろな種類の野鳥を観察することができます。5月には野鳥観察会も開催。鳥の見つけ方、識別方法など、初心者の方の入門にも最適です。

権現山公園バードサンクチュアリ(秦野市)

神奈川県内のバードウォッチングスポット特集 権現山公園バードサンクチュアリ

浅間山、権現山、弘法山の3つの山からなる弘法山公園は「かながわの探鳥地50選」にも選ばれたスポット。ハイキングコースの途中に野鳥の水飲み場と観察小屋があり、水浴びをする野鳥が観察できる人気のバードウォッチングスポットです。普段は見る機会のない野鳥の水浴びショーを観察してみませんか?

自然に溶け込み、人も自然の一部になれるバードウォッチング。静かな時間に身を任せて、気分もリフレッシュできるのも醍醐味の一つです。休日は少し早起きをして、家族みんなで野鳥に会いに行ってみてはいかがですか?

関連記事

PRIUS C-HR TOYOTAの世界戦略SUV ネッツトヨタ横浜リクルートサイト2020