ネッツトヨタ横浜ロゴ

お店で気軽に「あんしん」実感!踏み間違い体感イベント

お店で気軽に「あんしん」実感!踏み間違い体感イベント

ネッツトヨタ横浜では「交通事故による死傷者ゼロ」 という究極の願いを実現するために、最新の安全装備をお客様にご紹介・体感していただくため、サポカー体験イベントを随時開催しています。「踏み間違い体感イベント」では、今ニュースでも話題になっているアクセルとブレーキの踏み間違いをはじめとした安全装備を体験することができ、同時に安全装備に関する正しい知識を楽しく学ぶことができます。今回は、マイネッツ保土ヶ谷で開催している踏み間違い体感イベントをご紹介いたします!

警報とハイブリッドシステムのモーター出力を抑えて「ぶつからない」をサポート!

警報とハイブリッドシステムのモーター出力を抑えて「ぶつからない」をサポート!今回実施する車はプリウス。まずはじめに、コンビニの駐車場でバックをしなければならないところを、間違えてシフトレバーをD(ドライブ)に入れたままアクセルを思いっきり踏んでしまったというシチュエーションで実演していただきます。(参加者は助手席、後部座席にて体験します。)

クルマの前方に衝突のターゲットが設置されています。このままアクセルを踏んでしまうと前に突っ込んでしまいますが、先進安全装備“インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]”が備わっているクルマは正面のセンサーでしっかりと障害物を認識します。「ピピー」というブザー音とディスプレイにオレンジ色の警告が表示され、ドライバーにお知らせ。あわせてハイブリッドシステムのモーター出力を抑え、急発進・急加速を抑制します。警告を無視してさらに前進しようとするとブレーキがかかり、衝突回避をサポートします。

障害物を検知し、自動でブレーキが作動

次は輪止めがない駐車場でよそ見をしてブレーキを踏めなかったというシチュエーションで実演します。前のセンサーが反応すると障害物を検知して警報が鳴り、自動でブレーキがかかり追突事故を防ぎます。
クルマが停止するとき少し衝撃がくるため、アシストグリップを掴んでおきます。クルマが走り出したときは緊張感が漂いましたが、障害物の手前でしっかりと停止してくれました。安全装備の機能は頭で理解しているつもりでも、実際に体験してみることで「安心」が体感できるのですね。

安全装備はあくまで「補助装置」ということを忘れずに!

安全装備はあくまで「補助装置」ということを忘れずに!駐車場や渋滞中の道路など、もしもの時もドライバーのサポートをしてくれる機能がついていると心強いですよね。最後に安全装備について、マイネッツ保土ヶ谷 秦店長にお話をお伺いしました。

ー実際にイベントを体感されたお客様はどのような反応をされていますか?

秦店長「イベントには年配の方を中心にご参加いただいているのですが、皆さん初めての体験というのもあって、やはり驚かれる方が多いです。無料点検で来店されたお客様にもお時間があれば体験してもらっているのですが、非常に好評をいただいています。動画やカタログで見るだけではイメージしにくい部分もありますが、イベントを通して改めて自分のクルマの良さが理解できますし、安全装備を実感する機会がない方もこの機会にぜひ一度お店で体験していただきたいと思います。」

ークルマの買い替えを検討しているお客様で、安全装備への関心はどれくらいあると感じますか?

秦店長「高齢者の運転による追突事故などの事故が多くなっている今、お客様の安全装備への関心は非常に高まっています。クルマを買い替えする際、条件として“どのような安全装備がついているか”という点から選ばれる方が多くいらっしゃいます。こういった理由もあり、現在踏み間違い体感イベントへのお問い合わせが増えてきています。」

ー安全装備の「正しい知識」について、お客様はどれくらい理解されているのでしょうか?

秦店長「安全装備はあくまでもサポートであって、100%止まるわけではないということをスタッフからもお伝えしていますが、お客様としては“安全装備=確実に止まる”という認識が強いように思えます。なので、イベントで体感していただいたあとは必ずカタログを用いて止まれない、検知できないケースがあることをご説明しています。安全装備を過信せず、ドライバーが主体となって安全運転を心がけていただければと思います。」

「慌てていた」「うっかり」などドライバーなら誰もが体験する可能性のある場面で運転操作をフォローしてくれる機能がついていたら、今よりもっと安心してカーライフが楽しめますよね。イベントの所要時間は1組につき約30分と気軽に体験することができます。ぜひご夫婦、ご家族で安全装備の体感イベントにご参加ください!

踏み間違い体感イベントの開催店舗はお客様相談テレフォン0120-010-774まで(9:30-18:30)

■運転者自身でインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]の自動(被害軽減)ブレーキを試すことはおやめください。
■ ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。
■ また、道路状況、車両状況、天候状態および操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。
■ インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]は自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。
■ また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。
■ システムを過信せず、必ず運転者が責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。

秦店長

Profile

秦店長

マイネッツ保土ヶ谷店長

マイネッツ保土ヶ谷

踏み間違い体感イベント
詳しくはこちら

関連記事

PRIUS C-HR TOYOTAの世界戦略SUV ネッツトヨタ横浜リクルートサイト2020