ネッツトヨタ横浜ロゴ

ネッツトヨタ横浜が行う幼児のための交通安全教室

ネッツトヨタ横浜が行う幼児のための交通安全教室

横浜市港南区にある宝島幼稚園の園児92名を対象に、交通ルールを守り事故のない生活を送れるように、ネッツトヨタ横浜のCSR推進室メンバー5名で「交通安全教室」を開催しました。園児逹にお話するのは門田さんです。また、着ぐるみのらびちゃん(うさぎ)とべるちゃん(くま)も一緒に、「飛び出しの危険」「車の前後で遊ばない」をテーマに正しい交通ルールを園児逹に説明、体験を行います。

園児逹への交通安全教室について

園児逹への交通安全教室について

門田さんが挨拶をすると園児逹は元気よく挨拶をして迎えてくれました。らびちゃんが登場すると園児逹は大喜び。
交通安全の説明の中で門田さんは、らびちゃんと一緒に「みんなは背が小さいから車の前後では遊んでは危ない」「どうして危ないのかな?」など交通安全の説明や質問を投げかけると「危ないから!」「車の後ろだから!」と園児逹は大きな声で返事をしたり、車の前後で遊ぶと運転手からは見えないということをしっかり理解し手を挙げて答えてくれました。

交通安全教室

園児逹に外での交通安全について「お外で歩くときは手を繋いでください!」「急に飛び出してはいけません!」この2つをしっかり伝え、園児逹と約束をします。
説明と約束の後は、アニメーションで交通安全のDVDを10分間鑑賞してもらいました。子供たちに大人気のキャラクター達と交通ルールを学ぶアニメーションです。楽しい物語になっており、子供たちにわかりやすくキャラクター達が交通ルールを教えてくれます。DVD鑑賞後は、横断歩道を渡るときは「右」「左」「もう一度右」を確認、信号機が青かの確認、走って渡らない、とアニメーションのおさらいをしました。

信号機のある横断歩道を渡る練習

信号機のある横断歩道を渡る練習まず、らびちゃん、べるちゃん達が横断歩道を渡る見本を見せ、門田さんとメンバーが「右を見て、左を見てもう一度右を見て」と指導しながら、園児達は2人1組で手を挙げながら、横断歩道を渡る練習をしました。 渡った先には、らびちゃんとべるちゃんが待っているので、園児達も自然と笑顔になり楽しそうに横断歩道を渡っていきます。最後に園児達へ、「まる・つ・びださない」の「トマトの約束」の話をして終了です。

ネッツトヨタ横浜が行う交通安全教室とは…

ネッツトヨタ横浜が行う交通安全教室とは…ネッツトヨタ横浜が行う交通安全教室では、最後にカバンなどに付ける反射ストラップを園児達にプレゼントしています。
昨年から開催し、今回で15回目となる交通安全教室でしたが、園児達は終始静かに門田さんの話に耳を傾けていました。ネッツトヨタ横浜は、園児に対し「飛び出し注意」「横断歩道を渡るときはお家の人と必ず手を繋ぐこと」等の交通ルールを伝え、チョットした時に思い出してくれればと思い活動してきました。今後も交通安全教室を通して子供達に交通ルールを守ることの大切さ、交通安全の知識を伝えていきます。

ネッツトヨタ横浜CSR推進室の活動についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

PRIUS C-HR TOYOTAの世界戦略SUV Arecrit_bnrネッツトヨタ横浜リクルートサイト2020